税金をクレジットカードで納付する方法と注意点!

現在、自動車税や固定資産税などの地方税は、クレジットカードによる納付が出来る市区町村が増えました。
H28年度の税制改正で「国税の納付方法の多様化を図る」という目的からクレジットカード納付を可能にする制度が創設されました。(平成29年1月4日施行)

不動産取得税や固定資産税などの不動産に係る様々な税金も、クレジットカードで納めることが出来ます。

今回は、税金のクレジットカードの納付の手続きや注意点などについてお話しします。
インターネットで国税・地方税の「クレジットカード支払いサイト」にアクセスをして、
そこでクレジットカードの支払い機能を利用することにより、様々な税金を納付することが出来ます。
※クレジットカード納付が出来る額は、国税については、1,000万円未満、都税については、100万円未満の税額で、各クレジットカードの決済可能額以下の金額です。
※地方税については、都道府県・市町村により、クレジットカードでの納付が出来なかったり、取り扱いが異なりますので、それぞれの自治体のホームページで確認をして下さい。

▼対象となる税およびカード
クレジットカード納付の対象となる税は、

【国税】
所得税、消費税、法人税、相続税、贈与税 など

【地方税】
住民税、自動車税、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)、不動産取得税、個人事業税 など
※地方税については、都道府県・市町村により、クレジットカードでの納付が出来ない等、取り扱いが異なりますので、それぞれの自治体のホームページで確認をして下さい。

国税・都税で利用できるクレジットカードのブランドは、
VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Crad、TS CUBIC CARD

▼具体的な納付方法
インターネットの利用が可能なパソコンやタブレット端末、スマートフォンから「クレジットカード支払いサイト」へアクセスして納付手続きを行います。
税務署、都税事務所、金融機関、コンビニ等の窓口ではクレジットカード納付はできません。

〇国税クレジットカードお支払いサイト
https://kokuzei.noufu.jp/

〇都税 クレジットカードお支払いサイト
https://zei.metro.tokyo.lg.jp/

▼クレジットカード納付の注意事項
・決済手数料がかかります。
・領収証書は発行されません。
・納税証明書の発行まで、3週間程度掛かる場合があります。
・市区町村によっては、クレジットカードでの納付が出来ない税金がある。

※決済手数料について
クレジットカード納付では、納付税額に応じた決済手数料(国税の場合は、最初の1万円までは82円(税込)、以後1万円を超えるごとに82円(税込)が加算されます。
また、分割払い・リボ払いの場合は、別途各カード会社の定める手数料が発生する場合がありませので、お気を付けください。

今までであれば、手間のかからない「振替納税」がおすすめでしたが、ポイントが還元される「クレジットカード納付」であれば、ただ税金を納めるだけでなく、ポイント付与も受けられます。但し、上記のように決済手数料が発生するという事もお忘れなく。その他のメリットとしては、金融機関などへ出向く手間も省けます。納税額が多い方にはよりメリットがありそうですね!
金額の大きい税金のお支払いに、クレジットカード納付を検討してみてはいかがでしょうか・・。

バイヤーズエージェント 中田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

 

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

関連記事

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る