カテゴリー:不動産取引ガイド

  • 2018 年7月度の不動産相場

    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年7月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中古マンション地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。詳細は下記リンクをご覧ください…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IOTチャレンジ!

    低価格のIoT家電が、続々と誕生しています。 モノとインターネットをつなぐIOT家電、我が家でも活用できるのか検証してみました。 賃貸の築年はかなり古い建物なので照明のスイッチは紐...。 気に入った照明器具には紐…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 古家付き土地物件の解体費用の目安は?!

    住宅購入時に「古家付き土地」という物件があります。基本的には土地としての取引になる物件ですが、条件によっては上物を解体しなければならないケースが出てきます。また、相続で空き家となってしまった実家の処分を考えたり、古い自宅…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 贈与しても不動産取得税がかかる?

    不動産を取得した後、しばらく経ってから請求される税金として、「不動産取得税」(都道府県税)というものがあります。不動産を取得すると同時に支払ってしまえばいいのですが、この税金は忘れた頃に課税の請求があるため、請求がきてか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 親からの贈与などなど。贈与税はいくらからかかるかご存知ですか?

    個人から現金や不動産などの財産をもらった人には、贈与税が課せられます。 贈与税はその人が1月1日~12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から、基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対して課せられます。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「事故物件」価格への影響【実例】

    安い物件には、それなりの理由があります。 その理由の一つに、「心理的瑕疵物件(しんりてきかし)」、いわゆる「事故物件」というのがあります。 物件広告の備考欄に「告知事項あり」と記載されていることがあります。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 所有者不明の土地

    現在、登記簿上で所有者がたどれない“所有者不明土地”が増え続け、その総面積は九州の広さを超えるそうです。 以前は山間部に多いとされていましたが、現在は都市部にも広がり始め、先日の報道では埼玉県の大宮市で歩道の部分に迫り…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今更聞けない、ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

    現在、地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。 そこで、今回はZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • みんなが既存住宅を選んだ理由

    既存住宅(中古住宅)を購入した人たちは、なぜ既存住宅を選択したのか? その理由を国土交通省の住宅市場動向調査をもとにお話しします。 1.コストが抑えられる コストを抑えられることは、既存住宅を選択するメリッ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブロック塀の倒壊から考える違法建築物を所有するリスク

    大阪府北部で震度6弱を記録した地震では、建築基準法の条件を満たさないブロック塀が倒壊し、死亡事故が発生してしまいました。 地震による倒壊リスクは直接生命や身体に及ぶため、改めてその重要性を考える機会になってしまった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る