カテゴリー:性能向上

  • 耐震基準適合証明書と住宅ローン減税 【築20年以内の木造住宅の場合】

    建物の状況別の対応シリーズです。 築20年以内の木造住宅は築後年数要件に抵触しないため、住宅ローン減税が目的であれば特に行うことはありません。 ただ、今後の維持管理を考えると、見極めるポイントがありますので、今回…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バイオリンを学ぶために 最適な環境を実現

    徒歩で通学できるエリアと防音室の施工が物件探しの条件でした お子様がバイオリンをされているKさん。岡山県在住で、東京の音楽学校へお子様が通学できるように引っ越しを検討される中で、弊社へお問い合わせをいただきました。Kさ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インスペクション結果を購入判断材料に活用

    インスペクションの結果、雨漏りが指摘され、物件の購入を見送ることになりました。 Nさんがはじめに絞り込んだ物件は、昭和62年築の木造2階建て住宅でした。 閑静な住宅街で、最寄り駅まではバスで6分とまずまずの立地。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中古住宅購入時のリフォームはかし保険の検査技術のある事業者選びが大切

    一般的なインスペクションでは発見できない雨漏れの原因を特定 根本的な劣化改善を行うことができました。 都心にありながら田舎のような雰囲気の街に住みたいと考えていたGさん。 検討のエリアが広く、また、予算も限られてい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 譲れない条件を明確にすることで 思い通りの物件購入を実現

    物件のメリット・デメリットを包み隠さず情報提供。 不動産仲介会社と二人三脚で素早く決断。 奥様の実家の近くで家探しをしていたSさん。あらかじめ予算や間取りなど具体的な条件を不動産仲介会社と情報共有しており、また、検討…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 壁補強1カ所と劣化改修だけで 耐震基準をクリア

    中古木造住宅の購入には、 建築士による建物インスペクションが欠かせません。 馴染みのあるエリアでの住宅購入を検討していたAさんの目に留まったのは、築22年の木造住宅でした。昭和56年6月以降の「新耐震」と言われる時期…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • リフォーム済み物件でも 過信は禁物

    劣化改修・耐震改修・断熱改修… 性能向上リフォームで築47年の物件が安心・快適住宅に もともとは他県から単身赴任より、福岡の地に来ましたが、福岡の住みやすさを気に入り、永住するご決断をされたIさん。そんなIさんが購入…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 建物インスペクションで 中古住宅の不安を払拭

    0.5ミリ以上のクラック(ひび割れ)には要注意! 購入前の外周チェックは重要です。 Hさんが購入を決めた物件は築30年の戸建て住宅です。「新耐震」と言われる時期の建物ではあるものの、中古物件なので住宅の性能に不安を感…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 築25年の木造住宅を耐震の技術で間取りの再構築気持ち良い大空間を実現

    大胆な間取り変更で大きな空間を実現しつつ、耐震性能はしっかり確保 中古住宅+リフォームを検討していたNさんが見つけた物件は築25年の木造住宅でした。建物インスペクションの結果、外壁や基礎にひび割れがあるなど若干の劣…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中古戸建てのリスク=劣化の有無きちんと検査して対策を講じれば家は長持ちします。

    既存住宅売買かし保険の検査基準は劣化の判断基準。 購入判断材料として事前インスペクションを活用しましょう。 リニュアル仲介では建物検討段階での「事前インスペクション」を推奨しています。特に戸建住宅の場合、構造や…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る