中古住宅購入時のリフォームはかし保険の検査技術のある事業者選びが大切

一般的なインスペクションでは発見できない雨漏れの原因を特定
根本的な劣化改善を行うことができました。

都心にありながら田舎のような雰囲気の街に住みたいと考えていたGさん。
検討のエリアが広く、また、予算も限られていたため物件探しは思った以上に難航しました。
2年以内には購入したいくらいのゆったりしたスケジュールで家探しをしていたところ、Gさんの条件にピッタリ当てはまったのが築23年のこの物件でした。

売主からは雨漏れ履歴があると聞いていたので、建築士によるインスペクションを実施したところ、雨漏れの原因と思われる外壁の異常は確認されたものの、建物上部で足場がないと詳細を確認できないため、外壁の塗装工事を実施することを前提に取引を進め、足場を組んだ際に詳細を調査しましょう、ということになりました。

無事に物件の取引を終え、サイディングを一部解体し、問題箇所を調べたところ、単なる外壁の劣化ではなく、新築時の施工の問題であることが発覚。
サイディングの下地材が著しく劣化してしまっていることがわかりました。
一般に雨漏れは原因箇所の特定が困難で、塗装工事が対処療法として行われることが多いのですが、根本的な解決にはなっていないので、塗膜の劣化によって雨漏れが再発する恐れがあります。


リニュアル仲介では構造性能に詳しい建築士によるインスペクションを実施しているため、サイディングを解体して内部の劣化を発見することができたのですが、一般的なかし保険の検査は非破壊検査でしかも足場を組むこともないので、建物上部に問題がある場合、原因の特定は困難です。
更に原因が特定できない以上、普通のリフォーム会社は上から塗っておしまい、と判断するケースが多いです。
今回のように、中古住宅には思わぬ問題点が潜んでいる可能性があるので、中古住宅を取引する際には少なくともかし保険の検査技術のあるリフォーム会社を選択することが大切です。


今回の取引では、劣化の解消だけではなく、既存住宅売買かし保険(引渡し後リフォーム特約付)にも加入しました。
構造と雨水の浸入に対して5年間、最大1000万円の保証が付きます。
どれだけ施工力のあるリフォーム会社でも事故の可能性はゼロではありません。
かし保険のような安心取引の仕組みを利用することが、中古住宅取引では大切だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る