フラット35の『S』の金利引き下げ幅が…なんと!!

フラット35というと、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供している長期固定金利の住宅ローンですが、一定の要件を満たす物件については、金利引き下げなどの優遇措置を設けておりましたが、その金利引き下げ幅が申込時期によって変わるようです。

【求められる4っの性能】
◆省エネルギー性…涼しくて暖かい。冷暖房費に差が出ます。
◆耐震性…地震から家族を守る。
◆バリアフリー性…移動がらく。将来も安心な住宅です。
◆耐久性・可変性…丈夫で長持ち。障害コストに差がでます。

上記の性能を満たしている中古住宅の場合(Bプラン)、当初5年間-0.3%金利が引き下げとなっておりましたが、平成29年10月1日の申込受付分より、その引き下げ幅が-0.25%となってしまいます。
(平成30年3月31日までの申込受付分に適用※Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は終了となります。)

5年間とはいえ、金利引き下げ幅が変わってしまうとやはり総支払額にも影響が出ます。
10月1日よりも前に申込をしておけば、-0.3%で優遇が受けれらますので、今のうちから住宅探しをする事をお勧めします。
リニュアル仲介、前田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

 

関連記事

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る