“見えない川”に注意!暗渠(あんきょ)の見つけ方≪前編≫

住まい探しをしている時、川や水路の隣の物件に出会ったら、皆さんどのように感じられますか?

清らかな川だったら見た目は良いかもしれません。

でも、水災や地盤、湿気など、心配に思う方も多いのではないでしょうか。

直ぐに発見できる川であれば、誰もが注意をすることができますが、世の中には“見えない川”が沢山あるのです。

この見えない川のことを暗渠(あんきょ)と言います。

かつては川や水路だったところにフタをして、現在は道路などになっていることがあります。

有名なところで言えば、渋谷駅周辺でしょう。

あれだけ大きな駅なのに、地下街があんなに小さいのは、川が邪魔をしているからなのです。

住まい探しの時には、暗渠にも注意して、地盤等問題ないか、チェックするようにしましょう。下記のサイトでは、暗渠の情報を公開しており、情報収集にとても役立ちます。

■河川&暗渠ルートマップ

https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=1TiHbTgdJRpVl7x0ZPCwCxd5Nbl8&hl=en_US

 

次回は、事例を用いて暗渠の見つけ方をご説明したいと思います。

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

関連記事

アーカイブ

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る