アーカイブ:2017年 1月

  • 既存住宅売買瑕疵(かし)保険と住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)

    これまで、本サイト「戸建てリノベINFO」では、中古住宅を購入した際の住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)について、色々なテーマでご説明を書いてきました。 中古住宅の場合、マンションの様な耐火建築物の場合は築25…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくる?!最近のトイレ事情とは?!

    家庭のトイレは、新築の場合なら短くみても10年は十分に使用に耐えることができる住宅設備ですが、10年を過ぎると、故障や、不具合が出てくる場合が多いようです。 便器自体の寿命は長いですが、温水洗浄便座(ウォシュレット)の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 相続人がいなくても不動産は売れる!

    相続人がいないまま不動産の所有者が亡くなってしまった場合、相続財産は最終的に「国庫に帰属(国のものに)なってしまいます。 なんだかもったいない話ですね。 そこで、亡くなる前に遺言書で「〇〇に譲る」などと書いておけ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 渋谷の変貌

    現在、渋谷駅周辺は毎日多くの人が利用する人気エリアですが、増改築が繰り返された結果、構造が複雑となり利便性が悪化して使いにくいものになってしまいました。 渋谷駅は利用者の多い駅ですから、鉄道の運用をしながら改築する…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いつまでたっても減らない「おとり広告」…国土交通省が規制強化!!

    国土交通省は「おとり広告」の規制に乗り出すようです。 そもそも「おとり広告」とは何かご存じですか? ①取引の申出に係る不動産が存在しないため、実際には取引することができない不動産についての表示 ②取引の申出に係…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不動産の2022年問題、大都市部で宅地が大量発生する?!

    1974年に公布された生産緑地法では、市街化区域内の宅地化を促す目的で大都市圏の一部自治体では農地の「宅地並み課税」が行われ、これにより都市近郊の農地はそのほとんどが宅地化されることになりました。 しかし、1992…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3種類の『耐震基準適合証明書』

    建築後一定期間を経過した中古住宅を買った場合、住宅ローン控除等が利用できなくなってしまいます。 住宅ローン控除以外にも、親御さんからの住宅取得資金贈与の非課税制度や相続時精算課税制度、所有権や抵当権を登記する際の登…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 90歳の「永代橋」

    本日の日本経済新聞に『重要文化財「永代橋」 アーチ内側から補強で長寿命化』  と言う記事がありました。 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10424260Y6A201C1000…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 困ってしまう前の住人宛ての郵便物

    中古の不動産を購入した場合のよくあるお困りごとに、「前の住人宛ての郵便物」があります。 前の住人宛ての郵便物が色々届いてしまい、どうしていいかわからない、といったケースですね。 連絡先などを聞いていないことも…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安い物件買ったら贈与税!?気を付けておきたい中古住宅取得と贈与税の関係≪2/2≫

    前回(http://smile.re-agent.info/blog/?p=3682)に引き続き、「直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税( https://www.nta.go.jp/taxanswer/s…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る