2018 年6月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年6月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中古マンション地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。詳細は下記リンクをご覧ください。

○東京都
6 月の東京都区部は 75.64 万円/㎡と前年比で 6.8%上昇し、12 年 10 月から 69 ヶ月連続で前年同月を上回った。多摩は 40.63 万円/㎡と前年比で 3.7%上昇した。

○神奈川県
6 月の横浜・川崎市は 48.88 万円/㎡と前年比で 5.3%上昇し、4 ヶ月連続で前年同月を上回った。神奈川県他は 29.39 万円/㎡と前年比で 3.2%下落し、3 ヶ月ぶりに前年同月を下回った

○埼玉県・千葉県
6 月の埼玉県は 32.30 万円/㎡で前年比プラス 10.0%の 2 ケタ上昇となった。千葉県は 27.82 万円/㎡と前年比で 3.4%上昇し、3 ヶ月連続で前年同月を上回った

◆公益財団法人東日本不動産流通機構
『月例報告 Market Watch サマリーレポート 2018年6月度』
http://www.reins.or.jp/pdf/trend/mw/mw_201806_summary.pdf

家を持っている方も、これから買う方も、常に不動産相場は確認しておくようにしましょう!以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る