「中古物件+リフォーム」20代の84.8%が肯定的?!

少し前ですが、「中古物件+リフォーム」について若い方の意識が変わってきているという趣旨の記事を見つけました。
「中古物件+リフォーム」、20代の84.8%が肯定的 地域のリフォーム補助金を活用するとさらにお得に
http://moneyzine.jp/article/detail/214558

家を買うとしたら?52.8%が「新築」! 20代の84.8%が「中古+リフォーム」もアリ!
http://www.o-uccino.jp/article/archive/trend/20160223-souken/
リニュアル仲介の事業を始めた頃に比べると、「中古+リフォーム」の選択肢が広がっていることを実感します。

さて本題ですが、なぜ若い方の「中古物件+リフォーム」に対する肯定的な意見が増えているのでしょうか。
新築は無駄が多い?中古物件が増えている(家が余っている)?
様々な要因が考えられると思いますが、間違いなく言えるのは「不動産事業者が消費者に案内しているから」です。
残念ながら、不動産事業者と消費者との情報格差はまだ解消されているとは言い切れないので、業界の雰囲気が「新築偏重のまま」だったら、こういったデータにはならないでしょう。

それではなぜ不動産事業者は中古を案内するのでしょうか。
私見ですが、「売りたい人が増えたから」ではないかと思っています。
相変わらずこの業界は「両手仲介至上主義」で、とにかく売主を優先する風潮に変わりはありません。
人口構造を見ると、若者よりお年寄りの方が多いので、需要(若者)を供給(お年寄り)が上回れば、中古住宅が余る構造になります。

売却依頼を頂いた以上、事業者は何としてでも売らなければなりません。
中古住宅はそのままの状態では取引が難しいので、不動産事業者が「中古+リフォーム」を消費者に案内するのは必然的なことなのかもしれません。

もう一つ。新築に手が出ないという見方もできます。
サラリーマンの平均年収はここ数年改善が見られるものの、昔に比べるとかなり下がっています。

サラリーマン平均年収の推移
http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

昔のように右肩上がりの経済市場ではないので、自分の給料が今後増えていくことを実感できない年代でもあります。
これまでよりも新築の「無駄」が目立っても仕方がないと思います。
「中古物件+リフォーム」20代の84.8%が肯定的という記事を見て、私が強く思うのは、「売り手市場」から「買い手市場」への変遷です。
変化の途中なので、様々なイレギュラーが生じます。少し混乱した状態ともいえます。
これまでの常識で家を売られてしまうと、買い手からすると「もったいない買い方」になってしまいがちです。
これまでは皆がもったいない買い方だったので、自分だけ目立つことはなかったのですが、今は賢い買い方が確立されているので、万が一にももったいない買い方をしてしまうと、後からかなり後悔してしまうことになります。
これから家を買う方は、とにかくまずは情報を集めて、冷静に判断していく必要があると思います。
余談ですが、30代・40代でこれから家を買う方は、今の60代・70代の状況にも関心を寄せてください。
皆さんの20~30年後の姿がそこにあります。
無理して新築を買って住宅ローンに縛られた人生、介護施設に入ろうにも資金力がなく手詰まりになってしまう人生、そして亡くなった後に二束三文で処分されてしまうマイホームたち…。
これらはすべて「終の棲家という幻想」というひと言でまとめられます。
若い世代の人生観が変わり、住宅の価値観が変わると、家の買い方が変わります。

家を買うなら新築がいい、駅から遠くても車があるから大丈夫、子供の学区域が優先、今の賃料と比較したらどれくらいの家が買えるだろう…
思い当たる方は考え方をリセットすることをお勧めします。

リニュアル仲介ではこれまでの常識にとらわれない、賢い住宅購入をお手伝いしています。
不動産取引に必要なのは物件情報よりもまず頼れるエージェント探しです。
住宅購入をご検討の方はお気軽にご相談ください。

リニュアル仲介の稲瀬でした。

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

関連記事

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る