避難グッズの置き場所は?

熊本地方では今も余震が続く状況です。被災された方の1日でも早い復興をお祈り申し上げます。

今回の震災を受けて避難グッズを新調された方も多いと思います。
それでは買った避難グッズはどこに置けば良いのでしょう。
ベストなのは枕元に常設です。地震が起きたら直ぐに持って出ることができます。でも現実的ではないですね。
やがて行き場をなくした避難グッズは押入れの奥深くか台所の収納庫で落ち着くことになります。

このような状態で被災してしまったらどうなるのでしょう。避難グッズを買ったことは覚えているものの、どこに仕舞ったかわからない。家の中はグチャグチャでとてもじゃないが探せる状況にない・・・これではせっかくのグッズの意味がないですね。
特に非常食や水は台所に近いところに収納されることが多いようです。

建物の壊れ方を理解すれば最適な収納場所が見つかります。
木造戸建ての場合、1階がまず倒壊し続いて2階が影響します。1階が無事で2階だけが倒壊することはまず考えにくいです。従って避難グッズは1階ではなく2階の方が良さそうです。
とりあえず着の身着のまま避難して、落ち着いたら取りに帰ればいいのです。
屋外に収納庫がある場合は屋外が最適です。家屋が倒壊しても収納庫は無事な可能性がありますし、いざという時に探しやすいからです。

非常食や水は定期的なメンテナンスが必要です。被災した時に賞味期限切れの食料しかないのは切ないですね。定期的に非常食を家族で食べる機会を設けることで防災に関して家族で情報共有もできます。

枕元に常設したいのはホイッスルとスリッパです。ホイッスルは阪神淡路大震災の教訓からです。建物が倒壊して身動きが取れない状況で外に助けを呼ぶのに役立ちます。
スリッパは足の怪我を防ぐためです。地震が起きた時に玄関から靴を履いて避難できるとは限りません。割れたガラスで足を負傷してしまうと、普段であれば消毒など適切な処置が可能ですが、非常時には十分な手当てが期待できません。

このように、家が無事ということを前提にグッズを考えるのではなく、家が倒壊してしまっても困らないように対策を取ることが大切です。

もっとも何より優先すべきは家が倒壊しないことです。耐震診断や改修工事は必須ですので、まだの方は十分な対策を取ることをお勧めします。

リニュアル仲介の稲瀬でした。

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

関連記事

アーカイブ

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る