建物インスペクションとはどのような業務?

おはようございます。リニュアル仲介の渡辺です。

中古住宅購入には建物インスペクションが不可欠ですが、そもそも建物インスペクションとはどのような業務を指すのでしょうか?

制度が確立して間もないので、実は明確な定義がなされていないのですが、国土交通省がインスペクションガイドラインというものを発表しており、既存住宅流通における建物インスペクションとは、おおよそ、瑕疵保険付帯のために建築士が行う調査を建物インスペクションと呼ぶのが一般的になりそうです。(建築士が行う、というのがポイントです!)

<インスペクションガイドライン> http://www.mlit.go.jp/common/001001034.pdf

一般に認められる調査は、必ず準拠すべき指針が設けられています。 建物調査は必ず建築士へ依頼するようにしましょう。

写真は現況検査技術者講習で配布された、瑕疵保険現況検査のマニュアルです。(建築士は勉強することが本当に多いです。)

関連記事

アーカイブ

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る