備えあれば憂いなし!先日の地震は危険信号?

先日の5月30日に小笠原諸島西方沖を震源とした地震が発生しました。その日は名古屋で仕事をしておりましたので、帰宅後、この地震を自宅にて体感しました。久しぶりに、大きな地震と危機感を感じました。

なかには新幹線が止まってしまい、名古屋から帰宅できない人も多く出たそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00000006-asahi-soci

このような自然災害が発生した場合、帰宅できないのは本当に辛いと思います。

その為、この教訓を機に、日頃の備えを再度、点検したいと思います。ちなみに消防庁が出されている資料に「わたくしの防災サバイバル手帳」なるものがございます。私も妻と子供2人の4人家族のため、何か大きな災害が起こった際の備えを再点検したいと思います。

その中に家族防災会議で話し合うことが載っていました。

<家族防災会議で話し合うこと>

  1. 家族の役割分担を決めること
  2. 家族の連絡方法を考えておくこと
  3. 非常用品の置き場所を確認しておくこと
  4. 避難場所・避難方法を確認しておくこと
  5. 家の危険箇所をチェックしておくこと

ぜひ、この機会に皆様も防災意識を持っていただければ幸いです。

http://www.fdma.go.jp/html/life/survival/pdf/h27/survival2703_all.pdf

法人営業部の犬木でした。

関連記事

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る