アーカイブ:2018年 9月

  • 立地適正化計画 浸水想定域に住宅誘導?!立地適正化計画 浸水想定域に住宅誘導?!

    2018年9月2日の日本経済新聞の朝刊に『浸水想定域に住宅誘導 まち集約の自治体9割で 防災後手、計画の再点検を』というタイトルでの記事が出ていました。 https://www.nikkei.com/article…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 角敷地における建築制限(隅切り)とは?

    今回は、敷地と道路に関するさまざまな規定のなかで、うっかり見落とししかねない「角敷地の建築制限」、いわゆる「隅切り(すみきり)」の規定についてお話しします。 「隅切り(すみきり)」は、道路の交差部などにおける見通し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バスがなくなる街

    「路線バスは「自動運転」「電気バス」「AI」でここまで変わる(http://blogos.com/article/320664/)」という記事がありました。イーグルバスという会社が、赤字バス路線を復活させたインタビュー記…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不動産の持分はどこへ?

    相続にまつわる、気を付けたい事例のご紹介です。 Aさんは、お父様とお父様の再婚相手である継母の3人で仲良くお暮しでした。 ところが残念なことに高齢となった継母が体調を壊し、お亡くなりになってしまいました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜線制限をご存じですか?不自然に一方の角のない建物を見たことはありませんか?

    建物のボリュームを決定する要素には、建蔽率・容積率以外に、外壁の後退距離、高さ制限、斜線制限、日影規制などがあります。 住宅を設計するに当たっては、対象地にかかるこれらの制限をすべて満たさなければなりません。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 五世代住宅を知っていますか?

    先日、これからの未来の住宅をLIXIL住宅研究所がコンセプトホームとして発表していたのでご紹介いたします。 『~人生100歳時代の未来住宅~五世代』では、4世帯が暮らせる「つながる家」を提案。 1つ屋根の下で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自分の住む不動産は『資産』のはずなのに・・・。皆様は修繕積立金の目安はいくらかを把握していますか?

    マンションの修繕工事に使う財源が不足する懸念が強まっています。 所有者が払う修繕積立金の水準を日本経済新聞が調べたところ、全国の物件の75%が国の目安を下回っていたという記事が少し前に出ました。 https:…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「頭金0円の方」にお勧めするローンの組み方

    「頭金がない」というお客様が結構いらっしゃいます。 あるいは、今は超低金利ということもあって、「自己資金は使わず、できるだけローンで調達したい」という方も少なくありません。 (個人的には、この意見には賛成です…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 私道の埋設管(水道)には要注意!

    水道は前面道路の本管から真っすぐ敷地内へ引き込むことが原則です。 通常であれば上図のaのように前面道路内の配管から各戸へ水道を引き込むわけですが、敷地の位置関係や権利関係、あるいは前面道路に本管がない、 あるいは…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 未成年者の相続には要注意!

    不動産を共有すべきでないとは言われていますが、共有になってしまうケースの1つに相続があります。 お父様に相続が発生すると、一般的にはその奥様とお子様が相続人となります。 なにもしないと不動産の共有が発生してし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

リニュアル仲介動画

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る