「資産価値重視」の住宅購入

何を基準に住宅購入をするのか半年間も迷走。
リニュアル仲介のセミナーで考え方が変わりました。

当初は新築も検討されていたSさん。予算からすると出てくるのは都心から離れた郊外の物件ばかり。そのうちに中は新築のように綺麗にできる「中古リノベーション物件」に興味を持ち、自分でリフォームをすれば築年数を気にせず駅近の物件は選べると思ったそうです。
ところが、リノベーション会社を訪ねていくと、どこも「リフォームに800万~1000万円ぐらいはかかります」と言われ、自分たちの予算からリフォーム代金を引いた価格帯となる、築40年以上の物件ばかり勧められたのでした。
内装は確かに綺麗になるものの、天井は低いし大きな梁もあるし、そもそも資産性はないんじゃないかと疑問を感じ、これは一回ちゃんと専門家の話を聞かなければならないと思い、リニュアル仲介が開催するセミナーにご参加いただきました。
「場所なのか、価格なのか、築年数なのか、リノベーションなのか…いろんな情報が一杯入ってきてしまって何を基準に選んで良いか半年間も迷走してましたが、セミナーを受けて考え方が変わり、スッキリしました」とSさん。それから半月ばかりで今の物件と出会いました。
Sさんが購入した物件は、横浜駅から1駅で最寄駅から徒歩4分という好立地の築15年のマンション。新築分譲時3,800万円で売りに出ていたお部屋で、当該マンションや周辺物件の取引事例から妥当な金額であると判断、当初考えていた予算を少しオーバーしましたが、購入を決断されました。
中古だから全体的に綺麗にリフォームしようという考えを改め、活かせるものはそのまま活用し、リフォームは必要最低限にすると判断。結果的にSさんが実施したリフォームはお風呂の交換と床材とクロスの交換程度に収まりました。
家探しに苦労しましたが、結果的に資産価値が下がりにくい、満足のいく住宅購入が実現できました。

↑価格交渉の結果、3,200万円で買うことができましたので、相場より安めに購入できました。

↑価格交渉の結果、3,200万円で買うことができましたので、相場より安めに購入できました。

 

カーペットをフローリングへ変更。お子様がけがをしないように、フローリングの上にコルクのタイルカーペットを敷きました。

カーペットをフローリングへ変更。お子様がけがをしないように、フローリングの上にコルクのタイルカーペットを敷きました。

 

お風呂は新しいものに交換しました

お風呂は新しいものに交換しました

2016-05-31_171559

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る