カテゴリー:相続

  • 「団体信用生命保険」に入れない場合の注意点

    住宅ローンを組む時には、「団体信用生命保険(以下、団信)」に加入するのが一般的です。 団信に加入していると、住宅ローンがまだ残っている間に死亡等してしまった場合には保険金が支払われ、住宅ローンがなくなります。 貸して…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 相続人がいなくても不動産は売れる!(困難事例編)

    前回、遺言で「遺言執行者」を選任しておけば相続人がいなくても不動産売却が可能となる、との記事をご紹介しました。http://smile.re-agent.info/blog/?p=3787 ところが、こちらは売却の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 相続人がいなくても不動産は売れる!

    相続人がいないまま不動産の所有者が亡くなってしまった場合、相続財産は最終的に「国庫に帰属(国のものに)なってしまいます。 なんだかもったいない話ですね。 そこで、亡くなる前に遺言書で「〇〇に譲る」などと書いておけ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 共有状態解消の最終手段!

    今回は共有状態解消の最終手段「裁判」についてです。 不動産を共有してしまい話し合いも進まず身動きが取れない場合には、最終的には裁判所の力を借りて裁判を起こすことになります。 具体的には、「訴訟」という対決型ではな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 相続したのに「相続できない」不動産!?

    以前「相続手続きはいつまでに」という記事で説明しましたが、相続手続きを放置していると、必要な書類が取得できなくなってしまうケースや、手続きが複雑になってしまうリスクが発生します。 今回は、実際に長年相続手続きを放置…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 相続した不動産の上手な売り方

    親から相続した不動産ですが、すでに持家があったり、遠方だったりという理由で売却するという選択肢を選ぶケースもあります。 その場合、どうやったら売却がスムーズに進むのでしょうか。 ひとつは、相続人全員で相続して全員…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不動産処分と行方不明の相続人

    近年、空き家問題が話題になっていますが、空き家を処分する際の障害のひとつが、行方不明の相続人です。 不動産を処分するためには、所有者「全員」の承諾が必要になります。 ところが、相続人の調査をしてみたら、長年音…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不動産を共有しない方法とは?

    不動産を共有してしまうと問題が起きやすいことは先日の記事で書きましたが、今回は「共有にしない方法」についてまとめてみました。 まず、ご親族から住宅購入資金の援助をしてもらった場合には、不動産を単独名義にしたうえで、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 相続手続きはいつまでに?

    相続が発生した場合、葬儀も含めて色々な手続きをしなければなりません。 市役所(区役所)への死亡届や、健康保険・介護保険、年金の手続きなど、やらなければならないことはたくさんあります。 そんな中、よく後回しにさ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 知ると怖い、不動産の共有。

    不動産関連でのトラブルの1つに「不動産の共有問題」というものがあります。 法律上、土地や建物は複数人で「共有」することができます。 実際には、土地のどこからどこまで、といった分け方ではなく、観念上、持分として2分…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る