カテゴリー:リニュアル仲介通信

  • 危険な場所は 地形図で見分ける

    台風や大雨、地震等による「土砂災害」「洪水」等、昨今自然災害が相次いでいます。 災害は一瞬にして尊い家族の命や貴重な財産を奪ってしまうなど、甚大な被害をもたらします。土砂災害や水害は地形からある程度危険度を推測すること…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いよいよ始まる安心R住宅

    国土交通省による「安心R住宅」という新しい制度が始まります。 12月から事業者団体の登録が始まり、来年4月からは不動産広告で安心R住宅ロゴマークの使用が開始されるスケジュールです。 安心R住宅は安心・安全に取引できる…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SelFin戸建て版を リリースしました

    マンション版で好評いただいているSelFinの戸建て版をリリースしました。 戸建てはマンションと違い、価格や流動性だけでなく、建物の性能や権利関係、接道状況など多くの検討項目があります。 SelFin戸建て版を利用い…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 立地適正化計画をご存知ですか?

    全国の自治体で住宅や商業、福祉施設などを一定の区域に集める「立地適正化計画」の策定が広がっています。 人口減少が加速するなかでコンパクトな街に変え、生活に欠かせない機能を維持することが目的ですが、この立地適正化計画は住…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?

    改修費用の把握が安全な中古取引の鍵です 中古住宅を安心して購入するためには建物インスペクションが欠かせません。 建物の劣化状況などを正確に把握し、必要な改修費用を考慮して住宅購入を検討しないと、後から思わぬ補修費用の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カフェテリアの様なこだわりのリノベーションが不動産の価値を劇的に下げてしまう理由

    リニュアル仲介本部では、住宅を購入される方へ「資産となる住宅(資産価値が落ちない)のポイント」をお伝えすべく、毎月1回以上、全国でセミナーを開催しています。 「資産価値が減りにくい駅はどこ?」「そもそも不動産の資産価値…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 建物状況調査(インスペクション)とは?

    改正宅建業法における建物状況調査(インスペクション)の規定が平成30年4月1日に施行されます。 これにより宅建業者は消費者に対して建物状況調査(インスペクション)に関する情報提供の有無の告知等が義務化されることになりま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 公開データを使って探る価格交渉の 現実的な落しどころ

    (公社)東日本不動産流通機構のホームページでは、毎月不動産取引価格に関する統計データが公開されています。その人にとっての家の買い時は家族構成や金利なども影響されるため、不動産相場が上昇している時に物件購入を検討しなければ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 旧耐震マンションを 選択するリスクとは?

    マンションのストック数はおよそ600万戸と言われますが、その6分の1に当たる100万戸が「旧耐震」マンションです。マンションは都市部に集中していますので、マンションの旧耐震問題は都市部で住宅購入を検討する方特有の問題と言…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 将来に渡って 人が集まり続ける街選び

    日本はこれから人口減少時代を迎えるとともに、先進国でも類を見ない極端な少子高齢社会に突入します。住宅産業では「家余り」が深刻な社会問題になりつつあります。住宅購入は「街選び」です。将来消えてしまう街を選択してしまうと、売…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る