カテゴリー:性能向上

  • 壁補強1カ所と劣化改修だけで 耐震基準をクリア

    中古木造住宅の購入には、 建築士による建物インスペクションが欠かせません。 馴染みのあるエリアでの住宅購入を検討していたAさんの目に留まったのは、築22年の木造住宅でした。昭和56年6月以降の「新耐震」と言われる時期…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • リフォーム済み物件でも 過信は禁物

    劣化改修・耐震改修・断熱改修… 性能向上リフォームで築47年の物件が安心・快適住宅に もともとは他県から単身赴任より、福岡の地に来ましたが、福岡の住みやすさを気に入り、永住するご決断をされたIさん。そんなIさんが購入…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 建物インスペクションで 中古住宅の不安を払拭

    0.5ミリ以上のクラック(ひび割れ)には要注意! 購入前の外周チェックは重要です。 Hさんが購入を決めた物件は築30年の戸建て住宅です。「新耐震」と言われる時期の建物ではあるものの、中古物件なので住宅の性能に不安を感…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 築25年の木造住宅を耐震の技術で間取りの再構築気持ち良い大空間を実現

    大胆な間取り変更で大きな空間を実現しつつ、耐震性能はしっかり確保 中古住宅+リフォームを検討していたNさんが見つけた物件は築25年の木造住宅でした。建物インスペクションの結果、外壁や基礎にひび割れがあるなど若干の劣…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中古戸建てのリスク=劣化の有無きちんと検査して対策を講じれば家は長持ちします。

    既存住宅売買かし保険の検査基準は劣化の判断基準。 購入判断材料として事前インスペクションを活用しましょう。 リニュアル仲介では建物検討段階での「事前インスペクション」を推奨しています。特に戸建住宅の場合、構造や…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 建物の構造に関する基準として耐震等級があります。

    おはようございます。リニュアル仲介の渡辺です。 最近耐震等級の問合せがありましたので耐震等級と耐震診断の違いの話です。 耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、... 耐震等級3が最高等級となっています。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 既存住宅売買かし保険を付帯することで住宅ローン減税が適用に!

    大手ハウスメーカー建築案件で耐震診断ができない!? かし保険活用で住宅ローン減税を適用しました。 住宅関連に携わるFさん。新築とあわせて中古も検討していました。そんなFさんが気に入ったのがこの物件です。決め手は広…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2回の建物インスペクションでようやく辿り着いた安心の我が家

    新築分譲時1億超えの物件をお得に購入! 構造・劣化の問題を解決し安心して暮らせる家を実現 Kさんはゆっくりと子育てができる環境を求めて、閑静な住宅街を中心に家探しをされていました。ご予算と希望エリアの関係で物件探…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 活かせるものは再利用。味のある雰囲気で居心地の良い仕上がりになりました。

    選んだ物件は築40年超でボロボロの状態でしたが、 建築士による性能向上リフォームで見事に再生! 住みたいエリアや住空間など、引越し後のイメージがある程度固まっていたSさん。そんなSさんが数件見た中でも一番自分達が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中古住宅ならではの家づくり 設備も間取りも思いどおりに実現できました

    物件は魅力的だが、古いので性能が不安… 構造性能を確保しつつ、大胆な間取り変更で快適な住空間を実現 当初は建売物件を中心に家探しをしていたNさん。しかし、立地や間取り、価格面で折り合いがつ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る