広さと価格がバランスした好物件風通しの良い気持ち良い住空間を実現

フローリングは自らオイルを塗布するなど随所にこだわりが。
リフォーム会社との関係も良好で納得のいく仕上がりに。

当初は戸建てを希望していたKさん。予算と希望エリアのバランスが悪く、マンションも視野に入れることに。Kさんが見つけたこの物件は、駅から近い割に閑静な住宅街にある低層マンションでした。南側は生産緑地で眺望も良く、築年数の割にしっかりした躯体と管理状態でした。同程度の広さの戸建てをこのエリアで探すと1000万円は上乗せになってしまうことから、広さと価格のバランスが良い物件に巡り会えたKさん。水回りを含めすべての居室に窓があり、風通しが良く、開放感のある雰囲気が気に入ったそうです。

201508事例_r13_c8

玄関からの廊下もフローリングへ一新。雰囲気ががらりと変わりました。

201508事例_r9_c4

目地の破断など劣化が見られたお風呂は最新式のユニットバスへリフォーム

Kさんが実施したリフォームは設備の交換と床の貼り替えがメインです。特に床はワントーンではなく、あえて色を揃えなかったところが印象的で、暖かみのある空間に仕上がっています。この床はKさん自らオイルを塗布されました。

201508事例_r5_c3
キッチンはもともと独立したスペースだったのですが、間仕切り壁を撤去して、開放的なLDKへ間取り変更しました。特徴のあるタイルが床の色とマッチして、良い雰囲気のキッチンに仕上がっています。

201508事例_r1_c2

独立したキッチンスペースでしたが、間仕切り壁を撤去してLDと一体化。開放感のあるLDKへ生まれ変わりました。

リフォーム会社との関係も良好で、リビングにKさんの希望で造り付け本棚を設置したのですが、細かな要望も丁寧に対応する姿勢に感謝されていました。

201508事例_r3_c6

Kさんが施工会社にお願いして造り付けたリビングの本棚。細かな対応にも応じてくれてよかったとおっしゃっています。

201508事例_r11_c7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る