いよいよ始まるインスペクションの説明義務?!弊社の無償インスペクションを、是非、ご活用ください。

2月18日、宅地建物取引業法の一部を改正する法律案が、自民党の国土交通部会で了承されました。党内手続きを経て、2月下旬に閣議決定される見込みだそうです。

http://www.jutaku-s.com/news/id/0000022066 (住宅新報様HPより)

いよいよ不動産・建築業界に対してのインスペクションの普及に弾みが掛かりそうです。また本制度が不動産業界の変革につながることを願っています。

本制度のポイントは不動産取引の際、インスペクション(建物診断・検査)の実施の有無を重要事項説明の必要事項に追加して、媒介契約時に斡旋(あっせん)の可否を明示することや、売買契約時にインスペクションの結果を売主、買主双方に確認してもらうことも義務づけることです。

もともと「リニュアル仲介」を利用する場合、気なる物件については専門家によるインスペクション(建物調査)を2物件まで無償で提供しています。今回の報道を見て、住宅購入時のインスペクションが不動産業界に普及するきっかけとなるため、業界の健全な発展に寄与するものと思われます。

 

弊社ではインスペクション以外にも多くのメリットを住宅購入検討者に提供しておりますので、もしよろしければこの機会に弊社ホームページをご覧ください。

http://www.rchukai.jp/ (リニュアル仲介HP)

http://www.rchukai.com/#!story/c1vw1 (インスペクション映像・お客様の声)

 

本年度は中古住宅流通市場の整備が一気に進む年になりそうであり、その1つが上記の内容ですが、その他にも中古住宅の標準取引ルールが策定され、標準取引契約約款の変更が検討されています。

 

より良い住宅購入が出来るよう、国も中古住宅流通市場の整備を進めていますので、今後に期待です。

法人営業部 犬木

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る