アーカイブ:2018年 4月

  • 謄本の見方がわかると、購入時に何に気を付けた方が良いかがわかると思います。

    不動産登記は、土地や建物の所在、面積のほか、所有者の住所・氏名などを一般に公開することにより、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割を果たしています。 登記記録には表題部と権利部が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 建物状況調査に関する少し深い情報 その2

    建物状況調査シリーズです。 建物状況調査(インスペクション)とはそもそも何なのでしょうか? 意外と経緯が紆余曲折で、ややこしいのですが、語弊を恐れず端的に言うと単なる「建物の状態を明らかにする調査」です。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いよいよ始まった、建物状況調査(インスペクション) 徹底解説ガイド!

    建物状況調査(インスペクション)とは、調査、検査、視察、査察などの意味を持ちます。 当社(リニュアル仲介本部)では中古住宅購入時に建物状況調査(インスペクション)は欠かせないものと考えています。 その理由とし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バリアフリーの注文住宅の住みやすいポイント

    家は、自分の代だけではなく子供の代にも引き継がれていくことも多いものです。 次の代に引き継ぐまでには、新しい生命の誕生や、どなたかの老化・介護というシーンが巡ってくるのは自然なことです。 このことを考えると、誰も…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 住宅購入 最初に理解すべきこと

    エージェントの中田です。 私は、日頃皆様の住宅購入のお手伝いをしています。 年間で数十組のお客様とお会いし、様々な相談を受けておりますが、 皆さまお住まい探しの「初期の段階」で共通して悩まれていることを…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 再建築不可である土地の解決策

    販売チラシを見ていると、たまに目を引く安さの物件があったりしますね。 「コレは!」と思って詳しく調べてみると、「再建築不可」との記載があった、というのは良くあるケースです。 この「再建築不可」を解消する方法は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 売買契約の際の登記ってなぜ必要なのかご存知ですか?

    売買契約が無事に終了し、代金の授受が終わると、買主の土地所有権を保全するために、登記を行う必要があります。 売主と買主との間で売買契約が交わされた場合、登記しなくても、売主と買主の間では、この売買契約は法律上有効と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 建物状況調査に関する少し深い情報 その1

    今回から数回に分けて改正宅建業法における建物状況調査についてご説明したいと思います。 まず初めに、多くの方が誤認しているのですが、 “インスペクション(建物状況調査)の実施が義務化された訳ではありません!” …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2018 年3月度の不動産相場

    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年3月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中古マンション地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。詳細は下記リンクをご覧ください…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • まさかの備えに自宅の標高を把握しておきましょう!

    ご存知の方も多いかもしれませんが、国土地理院(こくどちりいん、英語:Geospatial Information Authority of Japan)のホームページにて、自宅の標高を把握する事が出来ます。興味のある方は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る