外壁塗装は何年に一度ぐらいやるのが良いのか?

中古住宅を購入検討する際に、どうしても気になるのが構造躯体に問題はないか・・。メンテナンス状況はどうなっているか・・。

築15年以内ぐらいの戸建であれば、大半の売主様が新築時からメンテナンスを何もしていないケースが多いです。

これから住もうとする買主様にとっては、劣化状況を建築士に確認してもらい、長く建物を維持していく上で、きっちりメンテナンスはしておきたいところ。

メンテナンスは家を持つ上で必要なものであり、見た目に問題が無く、雨漏りがないので今はする必要が無い、という事ではないのです。

今回は、

戸建てのメンテナンスとして考えられる外壁塗装について述べたいと思います。

外壁塗装は毎日紫外線を含んだ日差しと、雨風にさらされているので、毎日少しづつ劣化していきます。すぐに劣化が分かるわけではありませんが、数年から十数年の時間をかけて徐々に劣化をしていきます。劣化をしていくと、今度は、外壁塗装の目的である保護や美観を損ねてしまい、保護を失った家はそのうち雨漏り等をおこし、木部が腐食したり等、構造躯体上に様々な悪影響を与えてしまいます。

そうならないためにも、中古戸建てを購入するタイミングで過去のメンテナンス状況、現況を確認の上、必要であればメンテナンスを行う必要があります。

■「外壁塗装は何年に一度ぐらいやるのが良いのか」

一般的には、10年~15年以内にやる方が良いと言われています。

但し、塗料の耐用年数等によってもかわってきます。

外壁塗装における耐用年数とは、塗った塗料がどれくらいの期間に外壁を保護してくれるのか、という次の塗り替えの時期の目安を指す事が多いです。耐久年数などという方もおり、フッ素塗料、シリコン塗料などの耐久性、耐候性が高い塗料ほど耐用年数が長いです。

耐用年数は、シリコン塗料を使うのか、フッ素塗料を使うのかなど、塗料のグレードによって大きく変わりますし、塗装する面がサイディングボードなのか、モルタルなのか、ALCパネルなのかなどの外壁の材質によっても左右されます。また、旧塗料をしっかりと剥がす作業(ケレン)や、目荒らし、高圧洗浄など、外壁の状態を整える作業を行うかどうかで、耐用年数まで外壁が持つかどうかが違ってきます。

■外壁のクラックが入ってしまったら・・・

家を構成する木やコンクリートはどこかからか持ってきて組み立てるのですが、その組み立てた後でも湿度や温度、気圧など様々な影響で少しずつ動いています。これが家を建てたばかりの時は顕著に動いてしまうのです。最高の耐久性(塗料の寿命が長く、長期間家を守ってくれる)を持つフッ素塗料だったとしても、家が動くのを防ぐ力はありません。つまりどのような塗料を使っても、家の骨組み等が思った以上に動いてしまった場合のクラック(ひび割れ)などは防ぐことが出来ないのです。

クラックが入ってしまったら、雨漏りの原因になりますので、気づいた時点で早急に対応していきましょう!

大きな地震があった後などもちろん、定期的にクラックが入っていないか注意して早めに気づき、その場に応じたメンテナンスをしていくことが家を長くもたせるための大切なポイントです。

以上、バイヤーズエージェント中田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る