アーカイブ:2017年 2月

  • 既存住宅売買かし保険のよくある勘違い

    改正宅建業法の施行が2018年4月1日に決まり、にわかに建物インスペクションやかし保険がざわついてきました。 また、今年の確定申告も始まり、住宅ローン減税に関する問い合わせも増えています。 今回は、既存住宅売買かし保…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 素敵な部屋を作る為に、インテリアを構成する要素をチェックしましょう!

    突然ではありますが、インテリアに影響を与える4つの要素をご存知でしょうか?! 答えは、「色」「素材」「質感」「光」と言われます。詳細については下記をご確認ください。 中古住宅購入時に室内の雰囲気で使用感がある…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鉄骨造の家といってもいろいろあります。

    鉄骨造の家とは、「steel(鋼鉄)」の略でS造とも呼ばれており、骨組みに鉄骨を使用して作られたものをいいます。 鉄骨には厚さ6mm以下の鋼材を使用した軽量鉄骨と厚さ6mm以上の鋼材を使用した重量鉄骨といいます。 注…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大手住宅メーカー10社 中古住宅でも無料で瑕疵(かし)保険を提供開始

    先日、日本経済新聞の記事で、 「積水ハウスなど大手住宅メーカー10社による優良ストック住宅推進協議会(スムストック)は20日、同協議会が売買を仲介する中古住宅に欠陥が見つかった時に修繕費用などを補償する専用の『瑕疵(かし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 住宅ローン破産に対する備えとは?!

    先日テレビのニュース番組で「住宅ローン破産」の特集を見ました。 ※春先にこの手の特集が多いと思うのは気のせいでしょうか? 思うところがあったので記事にしたいと思います。 ■将来のリスクは現時点である程度想定でき…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 物件引渡し前に外壁塗装を行い、既存住宅売買瑕疵保険付保。住宅ローン減税等が利用可能になりました。

     先月、埼玉県某所のHさんは築30年の物件を購入するにあたり、中古物件という事もあり、不安を感じていました。 また、そのままの住宅購入では住宅ローン減税等が使えない為、加盟店の計らいにより、リニュアル仲介サービスに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 無電柱化の推進!

    電柱化推進のための新たな取り組みが行われている事はたまにニュースなどで見受けられます。 無電柱化は、「景観・観光」、「安全・快適」、「防災」の観点から推進しています。 「景観・観光」・・・景観の阻害要因となる…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中古住宅のローン控除利用。物件選びの内見時から注意を向けましょう。≪マンション編≫

    築25年(非耐火構造の場合は20年)を超えても、既存住宅瑕疵(かし)保険を付保すれば、築年数に関係なくローン控除をはじめ、各種税制の優遇が利用できることについては、この『戸建てリノベINFO』でご説明してきました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出るか、お宝!?~埋蔵文化財包蔵地~

    不動産取引の現場では、重要事項説明として関係法令についての説明があります。 そこで、重要事項説明で出てくる法令をいくつかご説明してみます。 まずは、「文化財保護法」です。 この法律は、文化財の保存やその活用…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 火災保険で家財に入っているからといって、全て保険の対象となるとは限りません。明記物件にはご注意を…

    火災保険で家財も入っていれば何でも保険の対象になると思っていませんか? 明記物件として申告しておかないと保険の対象とならない物がある事をお伝えしておきます。 ①1個または1組の価格が30万円を超える貴金属、宝石お…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画でわかるリニュアル仲介

マーケット篇
仕組み篇
建物調査篇
お客様の声篇
東国原英夫のそのまんまでは通しません
ページ上部へ戻る